どうもM字ハゲ改善のために、現在進行形でAGA治療をしている管理人のM次郎です。

僕は、30代後半から急激に薄毛が進行しはじめ、39歳の頃にはもう隠し通せないくらいM字ハゲになってしまいました。

ちなみに、日本人の薄毛で悩んでいる人の約4割はM字ハゲなんだそうです。

ハゲは遺伝…と言われたりもしますが、僕の場合、父、母の親族を探してもほぼハゲている人はいません。

なのに、なぜか僕だけハゲが進行してしまったんです。

こちらAGA治療をする前の僕の頭の画像です↓↓

恥ずかしいので目から上の画像しか公開しませんが、明らかに額のMの部分がハゲ上がっているのがわかると思います。

しかも、M字ハゲが進行するにつれて、髪の毛のコシがどんどんなくなっていき、今まではなかった変なクセが付くようになりました。

特に、髪の毛が濡れた時なんかは悲惨です↓↓

 

しかし、AGA治療で使われるミノキシジルとフィナステリドを飲み始めると、あれよあれよという間に、髪の毛が増殖し始めたんです。

そう、僕にとって、それは、まさに奇跡の光景でした。

AGA治療103日目の画像がこちら↓↓

どうです?

やばいでしょ(笑)

正直、僕自身、半信半疑なところもありながらスタートしたAGA治療で、まさかここまで髪の毛が元通りになるなんて思ってもいませんでした。

しかも、嬉しいことに、今現在も順調に髪の毛は成長しているんです。

もちろんですが、今ではもうM字ハゲが気になるという事は完全に消え去りました。

ここ数年間ずっと思い悩んでいたM字ハゲが、わずか3ヶ月ちょっとで解決してしまうなんて...奇跡としか言いようがありません(笑)

もっと早くやっておけばよかった・・・心からそう思います。

僕が実践しているAGA治療の方法について

AGA治療と聞くと、なんか難しそうで高額・・・というイメージを持ってしまうのは僕だけでしょうか?

でも、全然そんなことありませんでした。

なぜなら、僕は、毎月1,000円未満でAGA治療を行うことができているからです。

オオサカ堂という個人輸入代行のサイトにて、ミノキシジルとフィナステリドのセット(約5,700円)を半年に1回購入するだけ...簡単ですよね(笑)

ちなみに、購入しているのはこちらの治療薬↓↓
→ミノキシジルタブレット 10mg 100錠
→フィナロイド 1mg 100錠

割って飲んでいることもあって、1ヶ月にかかる費用は1,000円という価格が実現しています。

それでこの効果なので、笑が止まりません(笑)

治療1ヶ月後は治療薬の影響による初期脱毛のおかげで、治療開始前よりも薄毛は進行しましたが、そこから2ヶ月で一気に毛髪は生き返りました。

ミノキシジルとフィナステリドを毎朝1回飲んでます。

僕の場合は、オオサカ堂で低価格で購入した治療薬を、副作用のリスクも考えて、ミノキシジルは1/2錠、フィナステリドは1/4錠に割って毎朝飲むようにしています。

やっているのはそれだけで、食生活の改善などはしておらず、夜の晩酌も量は少ないながらもしております(笑)

ちなみに、割った治療薬はこんなのに入れてます。

これから、さらに状態がよくなれば、減薬していくことも考えているので、さらに費用を抑えることも可能になってくると考えています。

日本のAGAクリニックでの治療に比べると、オオサカ堂などの個人輸入サイトは破格の値段になるので、僕のような貧乏人は本当に助かっています。

日本のAGA治療は高額?

日本のAGAクリニックで薬を処方してもらうと、おおよそですが、毎月10,000~15,000円くらい必要になります。

これは薬を処方してもらうだけで必要な費用です。

高額な施術になると1回の施術で50,000円とか80,000円は普通にかかります。

このような価格設定もあって、日本のAGAクリニックで治療を行うと、場合によっては年間100万円とか必要になってくるわけです。

じゃあ、日本のAGAクリニックはダメなのか?

そんなことはありません。

なぜなら、AGAクリニックで治療をすることで、多くの人達は髪の毛が生えてくるからです。

でも、高すぎるがゆえに、誰でもAGA治療ができるのか・・・といわれると、僕を含め大半の人達があきらめざるを得ない、というのが現状だと僕は思っています。

まあ、AGAクリニックで購入する高額な薬も、オオサカ堂で購入する薬も中身の成分はほぼ同じなので、金額によって効果に差が出るというわえkではありません。

なぜ日本のAGAクリニックは高額なのか?

これはすごく単純です…その方がAGAクリニックが儲かるからです。

というのも、AGA治療は保険適用ではないので、言い値で価格が設定できてしまいます。

そのため、ある程度価格を高くした方がクリニック的には儲かるわけです。なぜなら、薄毛で悩んでいる人は高い料金を払っても治療をしたいからです。

つまり、ドラッグストアなどの洗剤やボディソープを販売して、薄利多売で利益を上げるよりも、美容整形のような、顧客単価を最大限に高めたビジネスモデルの方が利益になるというわけです。

このような理由もあって、個人輸入代行サイトで購入すれば、毎月1,000円くらいですむAGA治療薬が、日本のAGAクリニックだとその10倍となる、毎月10,000円以上もしてしまうわけです。

じゃあ、どうして多くの人達はAGAクリニックに行くのか?

日本のAGAクリニックに行く利点とは?

AGAクリニックに行く最大の利点は2つ。

1つ目は、医師が血液検査などの体調管理をしてくれるという点にあります。

というのも、AGA治療薬で使われるミノキシジルやフィナステリドには肝機能障害やEDなどの副作用リスクがありますが、AGAクリニックであれば検査によって異常が発見でき、医師の判断で投薬の中止や減薬などを行うことができます。

しかし、個人輸入代行サイトから治療薬を購入し、服用する場合は、毎月病院に行って診察をしてもらうわけではないので、もし、肝機能に異常が発生したとしても、気付くのが遅くなるという事が考えられます。

そのため、費用としては10倍近く高くなりますが、AGAクリニックに行くことで、個人で買うよりは安全にAGA治療ができるというわけです。

そして、もうひとつが医薬品副作用被害救済制度です。

風邪薬であれAGA治療薬であれ医薬品には必ず副作用が存在します。これはどんな薬でも絶対にです。

そのため日本では厚生労働省が認可した医薬品を服用して副作用が起きた場合、厚労省が責任を取ることになっています。(間に第三者機関が入ります)

この制度では、きちんとした医療機関などで処方された薬を正しく使用したのに、障害が残った、入院を余儀なくされるほど健康を害してしまった人などに、賠償金ではなく医療費や年金として給付されるものです。

医薬品副作用被害救済制度

独立行政法人医薬品医療機器総合機構公式サイト

ところが、個人輸入サイトなどから購入した治療薬はこの救済制度の対象外になってしまいます。

つまり、AGAクリニックで処方してもらった薬で重篤な副作用があった場合は、医薬品副作用被害救済制度が適用されるけど、個人輸入にて購入した薬では適用されないということです。

というわけで、AGAクリニックに行くメリットを簡単にまとめると、救済制度の対象になる、そして、検査をしてもらえることによる安心感を得ることができるということになります。

フィナステリドとミノキシジルの副作用リスクと発現率は?

フィナステリドを飲むことで発生する可能性のある代表的な副作用リスクはリビドー減退(性欲減少)や勃起機能障害などの男性機能の低下です。

あとは、乳房が女性の様に膨らむ女性化系の副作用もあるようですが、発現率は極めて低くなります。

そして、一番重い副作用は肝機能障害となりますが、その発言率は低く、臨床試験において943例中5件のみの副作用が認められたと報告されているので、確率としては0.5%程度しかありません。

次にミノキシジルを飲むことで発生する可能性のある代表的な副作用リスクは頻拍、心膜炎、多毛症、毛髪の色調変化、異常心電図や肝機や腎臓に負担がかかる可能性があります。

副作用の発現率は約8%で、その多くは外用薬のかぶれや痒みとなり重篤な副作用はほとんどないと言われています。

このように、実際には重篤な副作用になる可能性はかなり低いということもあり、僕を含め、多くの人達が個人輸入代行サイトで安く治療薬を手に入れて、AGA治療を行っているようです。

とは言え、僕もAGA治療薬のリスクは怖いので、お金があればAGAクリニックで・・・とも考えますが、最低でも年間20万円程度は必要となってしまうので、もっとハゲの事を考えてAGAクリニックには価格設定を考えてもらいたいなあと思ったりもします。

当ブログではAGA治療経過を報告していきます。

僕もそうでしたが、AGA治療をするのって勇気がいります。

副作用もそうだし、費用面でもそうです。

僕の場合は費用面が最大のネックとなっていたので、個人輸入代行のオオサカ堂から低価格で購入してAGA治療をスタートしました。

もちろん副作用のリスクも怖かったので、錠剤を割って、可能な限りリスクを下げてチャレンジすることに。

そして、結果論ではありますが、本当に勇気を出してチャレンジしてよかったと思っています。

ここ数年悩んでいたM字ハゲの悩みがわずか3ヶ月で解消することができたので。

でも、AGA治療を開始して2週間後くらいからはじまった初期脱毛には本当にビビりましたよ。

だって、ただでさえ少ない髪の毛が、どんどん抜け落ちていったんです。

その抜け毛の量は通常の3倍以上はありました。

それこそ、初期脱毛については治療前にいろいろ調べていたので、知識としてはありましたが、まさかあそこまで抜けるなんて想像もしていなかったので、精神的にはかなり嫌な感じでした。

そういうやってみたからこそわかる情報をこのブログでは発信していこうと思っています。

僕と同じように、30代後半でM字ハゲで悩んでいる人は数多くいるでしょう。

そういう人たちに少しでも参考になればと思います。

想像してみてください。

少しの勇気で髪の毛がフサフサになった時の事を・・・。

僕が購入した代表的なAGA治療薬はこちら↓↓ちなみに、購入しているのはこちらの治療薬↓↓
→ミノキシジルタブレット 10mg 100錠
→フィナロイド 1mg 100錠

詳しくはコチラ

Copyright© M字ハゲな僕のAGA治療経過ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.